育休中の生活費って妻も負担するべきなの?

育休中の生活費って妻も負担するべきなの?

出産前は共働きだったので、家賃や生活費すべてを夫婦折半でやってきました。

旦那は家事もできる範囲で手伝ってくれるため、特になんの問題もなく、今までやってこれたのですが、妊娠以後、お金についてモヤモヤすることが増えてきました。まず検診や出産にかかる費用はすべて私持ちだったんです。

そして、生活費ついては以前と同じように折半です。

旦那の収入が少なくて精一杯というのなら納得ができるのですが、旦那は以前の生活と変わらないお金を使っています。育休中といっても一時的にお金の収入があるんだから負担すべきというのが旦那の考えです。

子供の衣料やいろいろと必要なものもすべて私持ちなのです。

確かに私は今仕事をしていないですが、育休中とはこんなものなのですか?

夫婦ふたりの子供なんだし、私が働けない期間は旦那の収入でやりくりするものだと思っていたんですが、今まで他人のお財布事情などは伺ったことがなく、一般的にこうだというものがわからないです。ご意見をいただけたら幸いです。

回答1

私の場合、お小遣い以外は生活費としてすべてもらっていますよ。

価値観の違いというより、あなたの旦那さん、自由すぎませんか?

養う気があるのなら、普通は渡すと思いますよ。

回答2

我が家の場合、折半というよりも適当です。

収入は私の方が少ないので、比率としては旦那が多めに出してくれて、毎月の貯金はお互い自己管理しています。

検診費用については私が自分で払いましたが、出産時の費用やベビー用品も旦那が支払ってくれました。

確かに育休中は収入も少なくなってしまいますが、出て行くお金も少ないため、細々としたベビー用品を買い足す分には自分で支払っていましたし、携帯料金などの固定費も自分で支払っていました。

食料品や雑費については私が払って、引き落としや高額な支払いは旦那がするといった感じです。

育休中は旦那が仕事帰りに買い出しをしてくれることも多いため、自然と私の支払いが少なくなる感じですね。

回答3

我が家の場合も、同棲中からすべてかっちり折半でした。

理由は、同じ職場の同期だったため給料に差がなかったからです。残業代などで出てしまう収入差は考えずに、基本給で考えていましたね。

家賃、生活費、共同の貯金などはすべて折半で、そのかわりに自分のもの、例えば衣料や外食、美容院などを買うときは、お互い自分の残金から出していました。

結婚後、あなたと同じく産休に入り、私の給料が少なくなりました。その際は、旦那と私の給料の比率で計算して生活費も分けていました。月末にになったら、かかった生活費を計算して、それを給料の比率で分けてから金額を出し、まとめて旦那に払ってもらいます。

出産にかかる医療費、産まれてくる子どものための費用は、生活費でもふたりの必要経費として扱ってました。

ですが、その計算を毎月やるのが本当に面倒くさいです。

旦那は家計の内訳に興味がなくて、だいたい月に貯金ができたのか、できなかったのかを聞いてくるくらいです。

旦那は計算をやってくれませんが、文句や口出しもしないタイプですので、もう比率で計算するのは面倒くさいから、収入も支出とふたりでまとめたいと私から相談してOK。今はもう分けてはいません。

収入も支出も今は一緒にまとめています。

お小遣いは、お互い同額ですが、産休育休中は私はは少なめという感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加